コラム

平田篤胤に関するコラム

※研究者の方々に執筆いただいています。

「筑波蜂起一件顛末記」刊行によせて

 幕末維新期の平田国学の中心地域は東濃・木曽谷・南信の「夜明け前」の世界であった。中津川本陣の市岡殷政(しげま […]

コメントなし

平田篤胤の晩学のすすめ

 現代は、生涯学習の時代です。成人してからも、リタイアしてからも楽しく学び続けることが求められているようです。 […]

コメントなし
熊澤恵里子

和魂万国才

明治2年8月2日、日本の神々である八意思兼神と久延毘古神を祀り大学大博士平田銕胤が祝詞をあげた学神祭は、漢学者 […]

コメントなし

『仙境異聞』の現在

 最近、岩波文庫の一冊『仙境異聞・勝五郎再生記聞』がよく売れているようで、書店でも平積みになっている様子を見か […]

コメントなし

捜索 都賀厚之助

平田国学に関しては、篤胤の評価を始め近年は史実に沿った評価がなされるようになってきており、研究者の一人として私 […]

コメントなし
熊澤恵里子

平田の学業神-久延毘古

古道研究に励む平田篤胤は、「足は行かないが天下のことを知り尽くしている神」として、勉学する傍らに常に久延毘古( […]

コメントなし

篤胤研究における『古史伝』の大切さについて

 平田篤胤が秋田藩を脱藩して江戸に出てきたのは寛政7年(1795)、幕府の命で江戸を離れて秋田に戻るのが天保1 […]

コメントなし

『勝五郎再生記聞』と産土神

平田篤胤は、生まれ変わりに強い関心を抱いていました。 多摩郡程久保村(現・日野市程久保)の藤蔵から、同郡中野村 […]

コメントなし

篤胤の支持者と明治維新の成功

平田篤胤の評価は語る人によってさまざまなものがある。その中にはアト智恵の批判も多い。私が最も関心をもっているの […]

コメントなし